リノベーションとは?

リノベーションとは?

リノベーションとは年数の経過とともに、時代に合わなくなった既存の建物に大規模修繕工事を行い、用途や機能を変更し、性能を向上させて価値を高めることをいいます。建て替えずに時代の変化にあわせて理想の住まいを手に入れることができる合理的な取り組みとして、昨今、注目されています。

具体的に行うこと

  • 耐震性や防火安全性の確保
  • 耐久性の向上
  • 冷暖房費などのエネルギー節約
  • IT化時代への変化などを建築機能への対応
  • 外壁の補修
  • 建具や窓枠の取り換え
  • 間取り変更
  • 給排水設備更新
  • 冷暖房換気設備の更新

などを行うことになります。

建物をリノベーションし、裸状態にする機会をもつことで建物の隠れた危険性を把握することができます。欠陥が見つかれば施工中に修復を行うことも可能で、安心・安全な住まいを手に入れることができます。

また、古い趣を残しながら生活しやすい間取りに変えたり、「温故知新」をモチーフとした現代の価値観を加えた斬新なデザインの住まいを作ることも可能です。建物を解体・新築する時に出る産業廃棄物やCO2(二酸化炭素)の発生も軽減されるので、「エコ」「リサイクル」「ロハス」といった社会的な観点においても環境の悪化や資源の無駄遣いを減らすことができます。

ページトップへ戻る

「リフォーム」と「リノベーション」の違い

「リフォーム」と「リノベーション」の大きな違いは、工事の規模です。 「リフォーム」とは壁紙の張り替えなどの仕上材の新調や、システムキッチンやユニットバスの入れ替えなど、主に建物の現状を回復させるための『修復』工事をさします。

一方、「リノベーション」とは間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新など、建物を建築時の性能以上に高める大規模な『再生』工事です。リフォームの役割である現状回復に「安心・安全」と「付加価値」を追加します。

ページトップへ戻る

サイトマップ お問い合わせ ビル・マンション神戸修繕監理協会 トップに戻る リンク集 個人情報保護方針